アプリの概要と企画の背景

ユーキャンの「宅建士 速習講座」のタブレット版アプリ

紙の通信講座の内容と同じテキスト・ドリル・添削課題を一台のタブレットに集約し、
タブレットだけで夏からの宅建士合格を目指す講座を提供。

【宅建士速習講座 タブレット版の特長】
●「短期速習」にフォーカス
「夏から10月の合格を目指す」ために学習内容をそぎ落としたミニマムなカリキュラムを実現。
「学習すべきところ」と「短期速習には不要なところ」を経験豊富な講師陣が工夫。

●動画による「速習講義」
テキストによる学習を動画による速習講義が立体的にサポート。
アプリでは動画を再生しながらテキストを表示するため、動画とテキストの相乗効果が臨める。

●「過去問」を肢別に分解
通常は四肢択一式の過去問で学習しますが、当講座ではそれを一肢ごとに分解・分析。試験対策上重要度の高い肢だけを厳選し、より絞り込んだ短期学習カリキュラムを実現。

●学習の進捗をアプリが管理
学習の進捗管理や弱点の把握などはアプリが管理。
進捗に合わせて毎回「一言講評」により学習内容をアドバイスし、「学習する」事に集中する環境を提供。

●タブレットアプリならではの学習サポート機能
テキストを読みながらマーカーを引く、手書きでメモをする、付箋でコメントを書く、気になる単語をテキスト内やWEBを検索する、とテキストをストレスなく学習するための機能を搭載。さらにはテキストの画面から質問する機能も搭載。

OTHER WORKS